リフジウム用にスレンダーオーバーフロー水槽を設置してホソジュズモを投入!


スポンサードリンク

リフジウムに入れるホソジュズモがようやく買えたので、水周りをチェックして以来ずっと放置していたスレンダーオーバーフロー水槽を設置しました。

このホソジュズモという海藻は淡水のウィローモスにそっくりですね。通常リフジウムに入れる海藻は、24時間照明を当てていないと溶けてしまうのですが、このホソジュズモは溶ける事無く成長も早いんだそうです。


スレンダーオーバーフロー水槽に砂を敷かなければ、本水槽までライトの光が届くかなと思っていたんですが、そんな事は無く、スレンダーオーバーフロー水槽の下の部分は暗くなってしまいました。


スレンダーオーバーフロー水槽への給水用にエーハイムの排水パイプを設置しようとしたんですが、蓋がうまく閉まらないのでエーハイムの給水パイプを設置する事にしました。


停電時やポンプ停止時の逆流防止に、パイプの水面近くの位置に穴を空けました。パイプの口が水槽の底近くまであるので、この穴を空けていないと、ポンプ停止時にサイフォンの原理でスレンダーオーバーフロー水槽の水をほとんど吸い出してしまいます。逆流してサンプが洪水になると嫌ですからね。その対策です。


横から見たところです。照明がスレンダーオーバーフロー水槽へもいい感じに当たっています。その分直下は暗くなってしまいましたが・・・。


排水部分です。リフジウムということもあって、水流を絞ってあるので、排水音はまったくしません。水流を強くするとさすがにゴボゴボと音がします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。