水槽に使うポンプを選ぶよ


スポンサードリンク

そろそろ水槽にあったポンプを買おうと思います。様々なメーカーからアクアリム用のポンプが発売されていますが、流量耐久性静粛性に注目して選ぼうと思います。まず自分の水槽に必要な流量を調べるとします。ふむふむ。海水オーバーフロー水槽では1時間に全水量を10回転まわせるポンプが必要なんですね。それでは自分の水槽の水量をみてみましょう。

メイン水槽 90cm x 45cm x 45cm:157リットル
サンプ 60cm x 30cm x 36cm:56リットル
合計 213リットル

1時間に10回転なので、2130リットル/h相当のポンプという事になります。水槽用クーラーや殺菌灯を付ける場合は、流量が落ちるのでさらにポンプの流量をあげる必要がありますが、自分は両方とも付けないのでこのままで行きます。

次にポンプの種類を決めます。オーバーフロー用のポンプには大きく別けてマグネットポンプと水中(水陸両用)ポンプがあります。それぞれの特徴は以下のとおり。

マグネットポンプ

  • 頑丈
  • パワフル
  • サンプに穴を空ける必要がある
  • 高価
  • うるさい

水中(水陸両用)ポンプ

  • マグネットポンプに比べると脆弱
  • そんなにパワフルではない
  • サンプにそのまま投入できる
  • マグネットポンプと比べて安価
  • 静か

マグネットポンプの作動音は結構うるさく、リビングに置いていると家族からクレームが来るとか。自分は静かな方がいいので水中ポンプにする事にします。だいたい120cm水槽くらいからはマグネットポンプの方がいいみたいですよ。

次にポンプのメーカーですが、頑丈さと静寂性に定評があるエーハイムのポンプにします。エーハイム1260の流量が2400リットル/hなのでこれかな?

ここでポンプの揚程を考慮していなかったのを思い出しました。えーっと水槽台の高さが70cmで水槽の高さが45cmだから、底の厚さや給水口の高さを加味して・・・揚程は約100cmくらいですね。
んでこの性能曲線をみると、1mで約35リットル/min = 2100リットル/hってとこですかね。むむ。必要な2130リットル/hよりちょっと下回っています。

ですが、1260の上位モデルである1262は3400リットル/hなんで結構オーバースペックです。給水パイプを分岐して流量を落とす方法もありますが、消費電力が80Wと高いのでやっぱり1260にする事にしました。

おっと、一番重要なことを忘れていました。正規品のエコサンプってどれくらいの流量が推奨されているか調べないと!

早速流量をみてみましょう。ああ単位がガロンやインチで判りにくい。
1ガロン≒3.785リットルだから、換算すると、40-60ガロン≒151-246リットル。なるほど一番上の2410モデルを見ればいいわけか。

そして肝心の流量は800-1000GPH。換算すると3028-3785リットル/h。ありゃ!エーハイム1260だと役不足じゃないですかー。やだー。エーハイム1262買えって事ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。