引っ越しに伴い水槽を縮小することにしました。


スポンサードリンク

住居の引っ越しが決定

しばらくというか長~い間、水槽を放置気味だったんですが、それに追い打ちをかけるように住居を引っ越すことになりました。いい機会なので水槽を縮小しようと思います。


現在の水槽はこのような感じです。見るも無残な状況ですね…。60cmワイドと90cmの水槽を2台設置していたのですが、ずいぶんと前に60cmワイド水槽は畳んで、90cm水槽一台にまとめてしまっています。
右上のカゴにはハタゴイソギンとカクレクマノミを入れています。

水槽を放置してしまった原因

ここまで水槽を放置してしまった原因を思い当たる範囲で挙げてみようと思います。

①水槽が大きくてメンテナンスが面倒

小さい水槽よりも大きい水槽のほうが水量が多く長期安定するということだったので、いきなり大きな水槽を買ったのですが、失敗でした。その分水替えが大変ということを考慮しておりませんでした。水替えが億劫になってしまいだんだんと頻度が落ち、最終的には2ヶ月に1回くらいしか替えてなかったと思います。60cmワイド水槽1台くらいが自分には丁度良かったのかもしれません。

②水槽が大きくて維持費が高い

水量が多いということは、それだけ人工海水代や電気代が掛かります。特に冬場のヒーターが電気を食うらしく結構な金額を請求されておりました。

③見た目が宜しく無い海藻が蔓延

タマゴバロニアアミジグサ、ヒゲゴケという迷惑海藻の御三家が蔓延してしまい、どうにもならない状況になってしまいました。特にタマゴバロニアは取っても取っても増殖しまくってお手上げ状態です。


底砂にびっしりとタマゴバロニア、アミジグサ、ヒゲゴケが生えています。

以前は「真っ赤な石灰藻がいっぱい付いていて、付着生物が多いライブロックこそが最高!」と思っていました。確かに生物層が厚くなって水槽の安定に一役買うのだと思うのですが、付着生物が多いということはそれだけ招かれざる客もやってくるという事に気づいていなかったのです。今度水槽を立ち上げる機会があればもうライブロックは使わないと思います。迷惑生物を排除するのが大変です。飾り用にレプリカのライブロックで良いかと。


水流ポンプにも得体の知れない海藻がいっぱい付着しています。

④調子にのって魚を増やしてしまった

水槽を立ち上げて数か月は、買ったサンゴ達は全て落ちる事無く順調に成長しておりました。そう、魚を10匹くらい増やすまでは。
なんだサンゴって思ってより簡単じゃないか~と思って増やしちゃったんですね。魚を増やした途端に目に見えてサンゴ達の調子が悪くなり、1つまた1つという感じでどんどんダメになって行きました。最後に残ったサンゴはカタトサカとウミキノコだけです。あとは落ちてしまいました。申し訳ない。

スポンサードリンク