ライブロックスタンドの代わりに、美ら海熱帯魚さんの人工サンゴ岩を使ってみた


スポンサードリンク

ライブロックのレイアウトを変更したくなる

なんとなく今のライブロックのレイアウトが気に入らなくなってきたので、新しくレイアウトしなおす事にしました。
下の画像はCPファームさんの水槽写真ですが、この左側にあるライブロックのような感じで崖っぽいレイアウトを組みたくなったんです。


ちなみにこの水槽のサイズは、110cm×100cm×55cmだそうです。奥行きがある水槽は迫力があっていいですね!

今のライブロックの量だと、自分が考えた崖レイアウトが出来ないので、追加購入しようと思ったんですが、この前水槽用クーラーを買ってしまったので予算が無い事に気づきました(´д⊂)
季節的にもライブロックや生体を通販で買うには厳しいし、秋になるまで待つかな~。


人工サンゴ岩なるものを発見

ライブロックの追加購入は諦めてたんですが、もしかして人工ライブロックなら安く買えるんじゃないか??と思い始めました。(人工ライブロックといっても、養殖されたライブロックの事では無く、ライブロック化させる前の岩の事です)

調べてみると美ら海熱帯魚さんが販売されておりました。色々と調べましたが、美ら海熱帯魚さん以外に販売しているショップは見つかりませんでした。そのお値段はライブロックの半分以下。土台となる部分だし、どうせ隠れて見えないのでこれを買う事にしました。面倒なキュアリングをしなくてもいいですし。


人工サンゴ岩到着!

美ら海熱帯魚さんから人工サンゴ岩が届きました。

開けると、なんとおまけで黒飴も入っておりました!これは嬉しいおまけです!

ジェイズアクアリュウムさんといい、沖縄のショップは気が利いていて素晴らしいです!

肝心の人工サンゴ岩はこんな感じでプチプチに包まれていました。天然のサンゴ岩よりも軽いとの事でしたが、想像していたよりも重かったです。ジェイズさんのライブロックと同じくらいの重さですね。

プチプチから出すとこんな感じ。なんだか良い臭いがします。そして少し湿っています。美ら海熱帯魚さんの養殖ライブロックは、この人工サンゴ岩を海で熟成しているそうです。

買った奴を全部並べてみました。左がLサイズで右がMサイズ。それぞれの個数は在庫の都合です。(Lサイズが2個しかなかった)

さっそくレイアウトしてみる

ライブロックスタンドは使わずに、この人工サンゴ岩を砂に直置きします。ライブロックじゃないから接地面が腐る事はありません。

組んでみて思ったのは、人工サンゴ岩同士がガッチリと組み合わさり、かなりレイアウトし易いです!安定性も抜群で突いても全然グラつきません!

今度水槽を立ち上げる事があれば、ライブロックスタンドは使わずにこの人工サンゴ岩を使おうと思いました。全然安定度が違います。サイトで謳っているように少々の地震が来ても大丈夫のように感じましたよ。

そんなこんなで完成したレイアウトがこちらです。


土台に使ったんですが全然隠れていませんね!目立ちまくりです。

・・・まあそのうち石灰藻に覆われて、わからなくなるでしょう!

自分的には満足のいくレイアウトになったんですが、どうです?崖っぽくなっていますかね?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。