コエダナガレハナがなんだか調子悪い。ポリプが小さくなって褐虫藻を吐いている。


スポンサードリンク

 
いつのまにかご機嫌斜めに

先週やってきたコエダナガレハナですが、なんだか調子が良くありません。ポリプの開きが悪くなってきたばかりか先日は褐虫藻を吐いていました。

調子が悪いのはポリプがグリーンイエローのコエダナガレハナで、もう1つの薄いグリーンの方はポリプ満開で絶好調なんです。


↑左が調子の悪いコエダナガレハナ


原因はなんだろう?

褐虫藻を吐くという事はきっと光が強すぎるのでしょう。

コエダナガレハナは水深10~20メートルのところに生息するサンゴなので強い光は苦手なのは知っていましたが、メタハラでは無く、LEDくらいの光量なら大丈夫なのかと思っていました。

使っているLEDはGrassy LeDio RS073 Reef UVです。LEDの位置はコエダナガレハナの真上約52cm。そんなに光が強いとは思えませんが、LEDの直下に置いたのがまずかったのかなー。


照明から約52cm下にコエダナガレハナを置いてある

とりあえず、蓋の上に紙を置いて直接照明が当たらないようにしました。
徐々に照明を当てて順応させていこうと思います。

これで調子戻してくれるといいんですが。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。